俳優・女優

綾瀬はるかに不公平、不平等との声?誹謗中傷するのは間違っている!

綾瀬はるか

女優として活躍されている綾瀬はるかさんが新型コロナウイルスに感染して、入院している報道がありました。

肺炎の症状がみられる中等症だったそうで、この報道に多くの国民が疑問を投げかけています。

中等症でも自宅待機で入院できない多くの国民がいる中で不公平、不平等との声があがってるのです。

綾瀬はるかさんほどの一流芸能人になれば中等症の症状でも入院できるのかといった疑問を多くの国民が持っているみたいなので確認していきたいと思います。

綾瀬はるかに不公平、不平等との声?

綾瀬はるか

綾瀬はるかさんは8月中旬に新型コロナウイルスに感染して入院していたそうですが、現在の9月上旬では回復しているとのことでした。

ひとまず回復してきて安心といったところでしょう。

しかし、多くの国民が肺炎の症状がみられる中等症でも入院できた綾瀬はるかさんに不公平、不平等との声があがっているみたいなのですが本当なのでしょうか?

世間の声を確認していきたいと思います。

様々な意見が綾瀬はるかさんに対してあります。

なぜ綾瀬はるかさんは入院できたのか?一般人が中等症なら入院できない状態で不公平、不平等ではないのかという意見です。

活躍している人はコネクションがあって入院できたのではないのかと。

もしくは純粋に応援しているして方、心配している方などの意見もありました。

そもそも綾瀬はるかさんが中等症で入院できたこととに不満を言うのは違うのではないでしょうか?

中等症でも入院できないような状況になっても具体的な対策をしない政府にたいして意見を言うのが正しいのではないかと感じます。

決して綾瀬はるかさんは悪くないですよね。

綾瀬はるかさんが回復されいるということで一安心です。

綾瀬はるかを誹謗中傷するのは間違っている!

綾瀬はるか

多くの方が綾瀬はるかさんは一流芸能人だから入院できたのではないかと疑問に思っている方もいるかと思います。

活躍している方や政治家の方は優先して入院できるのではないのかと疑心暗鬼になっている方もいるでしょう。

一方でタレントの野々村真さんは重度の肺炎になってやっと入院できたのですが、野々村真さんも綾瀬はるかさんと同じように活躍されていますよね。

ニュースでは報じられていませんでしたが、綾瀬はるかさんも当初は自宅療養していたのかもしれません。

本当は綾瀬はるかさんも重度の肺炎で入院が必要だったのを関係者やファンの方に心配や迷惑をかけたくなくて中等症という報道にした可能性だってあります。

綾瀬はるかさんの2021年夏の時期は映画の撮影や他の仕事でスケジュールが大変だったようですので、その影響もあるのでしょう。

報道されるのが全て真実というわけはないので、実際のところ綾瀬はるかさんや関係者しか詳しい状況は分からないのです。

決して綾瀬はるかさんが悪いわけではないということです。

世間の方が綾瀬はるかさんに対して誹謗中傷するのは間違っていのではないでしょうか。

綾瀬はるかさんが一刻も早く元気になって欲しいですね!

まとめ

今回は女優の綾瀬はるかさんが新型コロナウイルスに感染して、中等症でも入院できたことについて世間の声をまとめました。

決して不公平、不平等といった声だけでなくて、綾瀬はるかさんに早く元気になってもらいたい思いや応援するファンの方も大勢いらっしゃいます。

一流芸能人だから入院できたように見えますが、実際のところ綾瀬はるかさんは重度の肺炎になって入院が必要だったのかもしれません。

それを仕事の関係上、中等症ということで周りに心配をかけないように配慮した可能性だってあります。

綾瀬はるかさんが特別で悪く言うのではなく、中等症でも入院できない状況が問題だと思いませんか?

政府の方々には早急に入院できる状況の政策をして欲しいと思います。

こんな記事もおすすめ
error: Content is protected !!