ドラマ

草彅剛が作ったペペロンチーノのレシピは何?感動した泣けたとの声!

草彅剛

2021年3月6日に草彅剛さんが主演を務めるドラマ「ペペロンチーノ」が放送されました。

「ペペロンチーノ」というドラマは、宮城県牡鹿半島を舞台に津波で流されたレストランを再建する草彅剛さん演じるシェフの10年間の心の葛藤を描いた物語です。

草彅剛さんの妻役に吉田羊さんが演じるなど、俳優陣も豪華です。

そこで、ドラマの中に出てきたペペロンチーノのレシピは何なのか気になります。

またドラマの内容も「感動した」「泣けた」との声もあるので併せてご覧ください。

草彅剛が主演を演じる「ペペロンチーノ」のドラマとは?

草彅剛さんが主演を務め、草彅剛さんの妻役に吉田羊さん、草彅剛さんの同級生役で美容師の矢田亜希子さんが出演されるなど、豪華な俳優陣で放送されます。

東日本大震災からもうすぐ10年という節目を迎え、被災者が時間の経過とともに気持ちのリアルを求めたドラマになっています。

 

あらすじはこちらです。

イタリアンレストランを津波で失い、失意のなかアルコールに溺れたオーナーシェフの小野寺潔。

その後、潔は新しく店を建て直し、震災から10年の3月11日に友人を招きある宴席を企画する。

潔は突然の招待に戸惑う友⼈たちに、その意図を語り始めるー。

そして、宴会が進むなか、発災から10年間のそれぞれの秘めた物語が浮かび上がってくる・・・。

苦難があっても前向きに人生を送れるかもしれない。

そんな思いになれる極上の群像劇。

引用:https://www.nhk.or.jp/sendai/peperoncino/#!

予告はこちらです。

主演を務める草なぎ剛さんのコメントはこちちらです。

宮城県牡鹿半島を舞台にしているので、地元の方や行ったことのある方にとっては考えさせられるドラマになっているのではないでしょうか?

特に被災者の方にとってこの10年は、長くもあり短くもある決して忘れることのできない大きな心の傷を抱えていたと思います。

被災されていない方にとっても福島県や宮城県の報道があまりされなくなっており、東日本大震災の気持ちが薄れつつあるかもしれません。

「ペペロンチーノ」というドラマは東日本大震災を見つめ直すドラマになっていると感じます。

草彅剛が作ったペペロンチーノのレシピは何?

ドラマの中で草彅剛さんがペペロンチーノやホヤのカルトッチョを作っているシーンがありました。

一体どんなレシピでペペロンチーノやホヤのカルトッチョを作っているのでしょうか?

ドラマの中に出てきたペペロンチーノのレシピはこちらです。

ペペロンチーノ

引用:https://www.nhk.or.jp/sendai/peperoncino/recipe.html

 

ホヤのカルトッチョのレシピはこちらです。

ホヤのカルトッチョ

引用:https://www.nhk.or.jp/sendai/peperoncino/recipe.html

とっても美味しそうですよね!

今すぐにも食べたくなります。

ペペロンチーノって簡単に作れるのですが、シンプルな料理は味がダイレクトに伝わるので、難しくもあります。

こうやってレシピがあると簡単な料理は作りやすく、失敗しにくいです。

料理を作っているシーンや食べているシーンを見て、次の日は同じ料理を作ろうとか食べようって思ってしまいます。

ぜひともペペロンチーノを作ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに草なぎ剛さんもご自身のYouTubeチャンネルでペペロンチーノを作って、ドラマの宣伝をしています!

 

ドラマ「ペペロンチーノ」に感動した泣けたとの声!

「感動した」「泣けた」との声が多くありました。

ドラマを通じて東日本大震災から10年間の被災者の気持ちがリアルに伝わるドラマだと感じます。

決してこの気持ちを風化してはいけないと強く思いました。

まとめ

今回はドラマ「ペペロンチーノ」で放送されたペペロンチーノとホヤのカルトッチョのレシピが何なのかをまとめました。

また、「ペペロンチーノ」のドラマについて「感動した」「泣けた」との声も多くありました。

東日本大震災からもうすぐ10年という月日がたちますが、被災者の心はずっと苦しいままです。

未だに東日本大震災から全てを失い、苦労されている方も多くいらっしゃいます。

被災されていない方にとっても決して忘れてはならない出来事です。

ドラマを通じて被災された方は心安らぐときが早く訪れたらいいなと感じました。

こんな記事もおすすめ
error: Content is protected !!