事件・事故

【茨城県つくば市石岡市鹿嶋市】爆破予告メールでの警備体制や安全性は大丈夫?目的や理由も考察!

2022年3月3日の夜中頃、茨城県つくば市、石岡市、鹿嶋市のそれぞれの市役所庁舎に爆破予告メール(脅迫メール)が届いたことを発表しました。

爆破予告は2022年3月7日午後4時33頃だそうです。

2022年3月7日につくば市、石岡市、鹿嶋市に行く予定のある方は心配ですよね。

そこで、それぞれ市役所の警備体制や安全性は大丈夫なのか確認していきたいと思います。

また、誰がどんな目的でなぜ爆破予告メールを送ったのか理由についても考察していきます。

【茨城県つくば市石岡市鹿嶋市】爆破予告メールでの警備体制や安全性は大丈夫?3月7日の状況は?

2022年3月3日の頃、茨城県つくば市、石岡市、鹿嶋市のそれぞれの市役所に爆破予告メール(脅迫メール)が市のホームページに届いたそうです。

爆破予告メール(脅迫メール)は2022年3月7日午後4時33頃とのいことで、それぞれの市役所庁舎に行く方は心配な気持ちになると思います。

本当に行っても大丈夫なのか怖いですよね。

それぞれ市役所の警備体制や安全性は大丈夫なのでしょうか確認していきたいと思います。

  • 茨城県つくば市

つくば市では、警察と協力しながら、3月4日から市役所庁舎等の点検や不審物の捜索を実施します。

なお、市役所は通常どおり開庁し、安全対策を徹底した上で業務を行います。

引用:https://www.city.tsukuba.lg.jp/kurashi/oshirase/1013117.html

 

  • 茨城県石岡市

石岡警察署と協力・連携し、3月4日(金)から市役所庁舎等の点検及び不審物の捜索を徹底して実施します。

安全対策を徹底した上で、市役所本庁舎・八郷総合支所庁舎を通常通り開庁します。

引用:https://www.city.ishioka.lg.jp/page/page008652.html

 

  • 茨城県鹿嶋市

鹿嶋警察署と協力・連携し、市役所庁舎等の点検及び不審物の捜索を徹底して実施します。

安全対策を徹底した上で、市役所庁舎・大野出張所を通常どおり開庁します。

引用:https://www.city.kashima.ibaraki.jp/soshiki/20/60228.html

それぞれの市役所では通常通りの業務を行うそうです。

心配ではありますが、閉庁するとなると市役所で手続きを行う方にとっては厳しくなります。

市役所が開いている時間は多くの方が働いている時間と被るので、なかなか行けなくて不便な気持ちになった方も多いでしょう。

例えば夜の7時ぐらいまでやってほしいとか、土曜日も開いていたら便利ですよね。

貴重な合間の時間をぬって市役所に行くにもかかわらず爆破予告で閉庁になるとしたら、多くの市民にとって困ってしまう事態になります。

しかし安全第一ですから万が一のこともありうるので、市役所の対応はそれぞれ正しい判断かもしれません。

特に警察が協力してくれるということで、市役所庁舎周辺や市役所庁舎内のパトロールをしっかりと行ってくれると思います。

それぞれ何人かの警察官が配置して安全を確認してくれると思うので、そういった点は安心できるでしょう。

【茨城県つくば市石岡市鹿嶋市】誰がどんな目的でなぜ爆破予告メールを送ったのか?理由についても!

一体誰がどんな目的で、なぜ爆破予告メールを送ったのでしょうか?

理由も考察していきたいと思います。

今の段階で警察も捜査中だと思いますので、誰かはわかっておりません。

それぞれ爆破予告メールを送ったのが2022年3月3日午前2時から3時頃になるので、時間帯がほとんど同じです。

つまり、同一人物が送ったと予想できます。

もし仮に複数人で行ったとしたら、メールを送る規模が大きくなるでしょう。

3つの市役所だけなので同一人物だと思います。

次に爆破予告メールを送った理由や目的についてですが、行政や市役所に対して不満や許せないことがあったのかもしれません。

何もなければそんな内容のメールを送りませんからね。

例えば、病気で苦しくて働けずに生活が苦しいので生活保護の申請をしたら軽くあしらわれて申請が通らなかったとか。

要介護認定の申請に行ったら時間がかかって、なかなか申請が下りないとか。

このように様々な理由や原因が考えられるのですが、受付をしている方は事務的でも当事者にとては大問題です。

しかし、何か気にくわないことがあっても爆破予告のメールをしてはダメです。

【茨城県つくば市石岡市鹿嶋市】爆破予告メールでの警備体制や安全性は大丈夫?目的や理由も考察!まとめ

今回は2022年3月3日の夜中頃にそれぞれ茨城県つくば市、石岡市、鹿嶋市の市役所庁舎に爆破予告メール(脅迫メール)が届いたことについてまとめました。

心配なのがそれぞれ市役所の警備体制や安全性は大丈夫なのかという点です。

警察が協力してパトロールや点検、不審物の捜索をしっかりと行ってくれるそうなので、そこは安心できる点だと思います。

また、誰がどんな目的でなぜ爆破予告メールを送ったのか理由についても考察しました。

行政や市役所に対して不満や許せないことがあった人が爆破予告メールを送ったのかもしれません。

いくら不満や許せないことがあっても、爆破予告メールを送ってはダメです。

多くの方がそれに対して、対策して安全に業務ができるように行動し、時間やお金を浪費することになります。

警察官の方や市役所の方は私たちの税金で生活をしれているので、最終的には納税者にツケが回ってくるでしょう。

当日は何もないことを祈っています。

こんな記事もおすすめ
error: Content is protected !!