アイドル

岩橋玄樹はいつからパニック障害になった?「悲しい」「ショック」「寂しい」「辛い」との声!

岩橋玄樹

king&prince(キンプリ)のメンバーだった岩橋玄樹(いわち)さんがパニック障害の治療のためキンプリの脱退とジャニーズ事務所の退所が3月31日に決定しました。

突然の発表で多くのティアラ(ファン)が「悲しい」「ショック」「寂しい」「辛い」との声を発しています。

またいつから岩橋玄樹さんはパニック障害になったのかも確認していきたいと思ます。

岩橋玄樹はいつからパニック障害になった?

岩橋玄樹(いわち)さんがking&prince(キンプリ)を脱退、ジャニーズ事務所の退所の原因となったパニック障害ですが、いつから発症してしまったのでしょうか?

調べたところ、ジャニーズ事務所を通して岩橋玄樹さんからのコメントにありました!

それがこちらです。

岩橋玄樹のコメント

引用:https://www.johnnys-net.jp/page?id=text&dataId=2057&artist=41

幼い頃からパニック障害と戦っていたのですね。

もちろん今後は岩橋玄樹さんを地上波で見ることがなくなるのでファンはとても辛いですが、岩橋玄樹さん本人はもっと辛かった思います。

元気な姿でティアラ(ファン)の皆の前に立ちたい思う一方で、パニック障害の症状は一進一退だったのでしょう。

そんな自分に対しての葛藤や、いつまでも治らないパニック障害の症状など、いつも心苦しい気持ちだったと察します。

今後はパニック障害の治療に専念するということで、パニック障害を治して、また元気な姿を見せて欲しいです。

岩橋玄樹が患っていたパニック障害とはどんな病気?

king&prince(キンプリ)のメンバーだった岩橋玄樹(いわち)さんが患ていたパニック障害とはどんな病気なのでしょうか?

調べたところ、こんな病気のようです。

突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、そのために生活に支障が出ている状態をパニック障害といいます。

このパニック発作は、死んでしまうのではないかと思うほど強くて、自分ではコントロールできないと感じます。

そのため、また発作が起きたらどうしようかと不安になり、発作が起きやすい場所や状況を避けるようになります。

とくに、電車やエレベーターの中など閉じられた空間では「逃げられない」と感じて、外出ができなくなってしまうことがあります。

パニック障害では薬による治療とあわせて、少しずつ苦手なことに慣れていく心理療法が行われます。

無理をせず、自分のペースで取り組むことが大切です。周囲もゆっくりと見守りましょう。

引用:https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_panic.html

精神的な病気は完治が難しいといいますが、こういったところなのでしょう。

日常的にパニックになりやすいところがたくさん潜んでいるということですね。

パニック障害というのは本人が一番辛いと感じてしまうほどに大変な病気だと感じました。

周囲の助けや理解も必要で、近しい人が支えてあげることも大切ということでしょう。

ではパニック障害の治療法はどんなことが行われるかといいますと、薬による治療と精神療法的アプローチがあるようです。

時間をかけてストレスを減らしていくのが完治には必要だと思います。

岩橋玄樹のキンプリ脱退に「悲しい」「ショック」「寂しい」「辛い」との声

やはり、悲しいんでいるティアラ(ファン)が大勢います。

キンプリ脱退とジャニーズ事務所の退所で、今後は岩橋玄樹さんの姿を見ることはできませんが、パニック障害を完治させてまたいつか元気な姿を見せて欲しいです。

まとめ

今回は岩橋玄樹(いわち)さんがパニック障害治療のため、king&prince(キンプリ)の脱退とジャニーズ事務所の退所についてまとめました。

特に気になるのは岩橋玄樹(いわち)さんがいつからパニック障害を患っていたということです。

岩橋玄樹さんは幼いことから入院をしていたりと、パニック障害と戦っていたのが分かりました。

また、多くのティアラ(ファン)が「悲しい」「ショック」「寂しい」「辛い」との声をあげていて、突然の発表にビックリしたようです。

岩橋玄樹さんがパニック障害を治療するために必要なことだと思いますので、またいつか元気な姿を見れるように応援したいと思います!

 

こんな記事もおすすめ
error: Content is protected !!