事件・事故

国葬反対を訴えて焼身自殺をしようとした男性は誰?顔画像や年齢、職業を予想!(千代田区)

2022年9月21日に東京千代田区(霞が関)の総理官邸近くで男性が自分に火をつけて意識不明になったのが報道されました。火をつける前に国葬反対を訴えていたので、国葬反対に対して強い思いがあったのかもしれません。

 

そこで今回気になる点は国葬反対を訴えて焼身自殺をしようとした男性は誰なのかということです。また、男性の顔画像や年齢、職業は何のかというのも気になります。今回はこちらを予想していきましょう。

 

国葬反対を訴えた男性が意識不明!どんなやつが焼身自殺をしようとした?

 

2022年9月21日に東京千代田区(霞が関)の総理官邸近くで男性が自分に火をつけて意識不明になったようです。安倍晋三元首相の国葬に反対していたようで、何か訴えたかったのかもしれません。詳しいニュースの内容はこちらです。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/7308f7c7bcbe94a4e773b8349dcbf146e78f48cc

 

意識不明になるほどということは全身に燃え移った可能性があるので、生命の危険があって心配です。一刻も早く無事であって欲しいと願いますが、今現在は懸命な治療がされているでしょう。自分に火をつけるほどのことなので、よほど安倍晋三元首相の国葬反対を想っていたのかもしれません。どんな男性がこんなことをしてしまったのか気になりますので確認をしていきましょう!

 

国葬反対を訴えて焼身自殺をしようとした男性は誰?顔画像はある?(千代田区)

 

安倍晋三元首相の国葬反対対を訴えて焼身自殺をしようとした男性は誰なのか気になるところです。焼身自殺を止めようとした警察官もやけどをしたようで、警察官の方も体をはって助けようとしました。職業が警察官とはいえ、火に近づいていくことは凄いことだと思います。

 

なかなかできることはありません。必死の覚悟で止めようとした警察官の方の体と心のケアをしっかりとして欲しいですね。警察官が体をはって止めようとした男性は誰なのでしょうか?ニュースの動画があるので顔画像を確認してみます。

 

 

さすがにどんな男性だったのか顔は出ていませんでした。動画は男性が助け出されて現場検証が行われてるときだと思います。男性が燃えていたであろう場所は草木ががなくなって茶色の土がはっきりと見えるので、かなりの火の大きさではないでしょうか。なぜ男性が自分に火をつけて焼身自殺をしようとたのか、原因や理由を解明してほしいですね。

国葬反対を訴えて焼身自殺をしようとした男性は誰?年齢や職業は?(千代田区)

 

焼身自殺をしようとした男性はネット関連から本名が出てきません。国葬反対を訴えた男性に対して個人情報を保護しようとしてるのでしょう。なので年齢や職業も公表されていないのです。年齢や職業は気になるところなので、予想していきたいと思います。

 

国葬反対を訴えて焼身自殺をしようとしたということで、熱心に政治に関心がある人かもしれません。ということは、年代別投票率から考えると60代が一番高いので、確率から言えば60代と仮定します。60代になれば定年退職を迎え、嘱託や年金生活に突入する世代だと思います。

 

 

時間的にも余裕ができると思いますので、選挙に行く人が多いということですね。今回は焼身自殺をしようとするまで国葬反対を訴えたということで、今までの報道のやり方が偏っていたのかもしれません。

 

日本では報道や表現の自由が認められているので、ここまで過激なことをしなくても自由に発言できるのです。しかし過激な手段を選んでしまうのは様々な要因が重なって、このような結果になったのでしょう。

こんな記事もおすすめ
error: Content is protected !!