スポーツ

【画像】高梨沙羅がスーツ規定違反した内容や理由とは?太もも部分が原因!

2021年2月7日にスキージャンプ女子の高梨沙羅選手が、W杯個人第7戦で優勝したことが話題になっています。

1回目のジャンプは89メートルで断定1位になって、2回目のジャンプは92・5メートルを記録して、圧倒的な強さでの優勝だったのです。

2021年2月5日にスーツ規定違反による失格し、世間から批判されましたが、高梨沙羅の強さは元々あったのです。

その高梨沙羅選手がスーツ規定違反した内容や理由が気になります。

スーツ規定違反した内容や理由とは何だったのでしょうか?

また、スーツ規定違反したのが太もも部分が原因だったようですが、具体的にはどうだったのか確認していきたいと思います!

高梨沙羅は世間の批判をもろともしない圧倒的な強さとは?

高梨沙羅選手は歴代最多のW杯通算59勝目をして表彰台に上がるのは104回目目と、圧倒的な強さと実力を兼ね備えたスキージャンプ女子選手です。

そんな高梨沙羅は昔は素朴でかわいい感じだったのが、化粧を覚えてメイクが濃くなったりしてしましたね。

高梨沙羅選手が勝てない時期があると、メイクや化粧などといった美容にうつつを抜かしていると批判をされたときもありました。

そもそもスキージャンプ選手の前に一人の女性ですから、キレイになりたいと思うのは当然でしょうね。

高梨沙羅選手のスポンサーは化粧品メーカーの「資生堂」なので、きれいに可愛くなるのは必然だと思います。

また、高梨沙羅選は昔からスキージャンプの練習をストイックに、愚直にやっている姿はニュースなどで知っている方もいるのではないでしょうか。

スキージャンプの選手として、決して手を抜いているわけではないのです。

練習をどれだけやっても報われれることない人もいるスポーツの世界で、これだけ結果を出し続けている高梨沙羅選手は凄いと思います!

高梨沙羅がスーツ規定違反した内容や理由とは?太もも部分が原因!

今回話題になった高梨沙羅選手のスーツ規定違反。

スーツ規定とはスキージャンプにとって何なのでしょうか?

国際スキー連盟(FIS)の規則ではこのように定められています。

直立姿勢で、スーツ寸法はボディーと一致しなければならず、最大許容差はスーツのあらゆる部分において、ボディーに対しプラス1センチ~3センチ(女子は同2センチ~4センチ)とする

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9ecb656f6f3b1659cc1795d738af3de18b566339

毎回シーズンの始めに、体格の数値をデータにして提出する必要があるようで、体重の変化でスーツ規定違反になるケースがあるみたいです。

つまり、スーツ規定違反というのは珍しい失格理由にならないので、決して高梨沙羅選手がうっかりしてミスをしたわけではないです。

世間の人たちが高梨沙羅選手がスーツ規定違反をしたことについて批判するのは見当違いだと思います。

今回、高梨沙羅選手がスーツ規定違反した該当部分は太もも部分ということですが、太もも部分はどういう状態だった気になるところです。

スーツの種類は予選と同じのを着用したのですが、本戦では太もも部分が規定よりわずかに大きいと判定されました。

本戦に向けてたトレーニングをたくさんして、普段よりも筋肉が付いてしまったのでしょうか?

トレーニングと食事で太ももの筋肉は増えるので、仕方が無いのかもしれません。

【画像】高梨沙羅の太ももはがっちりして凄い!

スキージャンプ女子の選手だけあって高梨沙羅さんの太ももの筋肉が凄いことになっています。

その画像がこちらです。

高梨沙羅 高梨沙羅

引用:https://www.afpbb.com/articles/marieclairestylejp/3016305?pid=13774450

かなりしっかりとした太ももをしています。

スピードスケートの選手も男女ともに凄く立派な太ももをしていますが、高梨沙羅選手の太ももも負けていないです。

相当なトレーニングを積まないとここまで筋肉が付かないです。

高梨沙羅がW杯2連勝したことについて世間の声

高梨沙羅選手でしか到達していない勝利数で、前人未踏なのが凄いですよね!

記憶にも記録にも残る高梨沙羅選手ですが、今後もさらなる高みを目指すと思います!

まとめ

スキージャンプ女子の高梨沙羅選手が、スーツ規定違反からW杯で優勝したことについてまとめました。

何かとメイクや容姿の変わりようで批判されますが、スキージャンプ女子では世界トップレベルの強さと実力があります。

これだけ結果を出し続けているスキージャンプ女子は、高梨沙羅さん以外にいないのはないでしょうか。

今後の活躍にも期待が持てます!

こんな記事もおすすめ
error: Content is protected !!