ニュース

【画像】橋本聖子の選手時代の足(太もも)がすごい!メガネが特徴的だった!

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長を辞任した森喜朗元会長の後任に橋本聖子五輪相がほぼ内定とみられています。

橋本聖子さんといえば、元スピードスケートの選手でアルベールビル冬季オリンピックスピードスケート女子1500mで銅メダルを獲得したアスリートです。

そんな橋本聖子さんが選手時代だったころ、足(太もも)がすごい筋肉だったのです!

選手時代の橋本聖子さんの画像をお楽しみください。

また、橋本聖子さんの若い頃はメガネをかけていたのですが、特徴的だったので併せてご覧ください。

【画像】橋本聖子の選手時代の足(太もも)がすごい!

橋本聖子さんの選手時代の足(太もも)がすごい筋肉で立派なのです。

こちらがその画像です。

橋本聖子

少し古い写真ですが、凄い筋肉をした足ですよね!

体のほとんどが太ももの筋肉のようなイメージです。

スピードスケートや競輪の女子選手の太ももの大きさは平均すると60cm~70cmぐらいあるそうなので、橋本聖子さんもそれぐらいあったのかもしれません。

こんなにも立派な筋肉になるためにハードなトレーニングを重ねて、努力してきたのでしょう。

努力しても結果が付いくるとは限らないスポーツの世界で、オリンピックに出場し銅メダルを取った橋本聖子さんはすごいと思います!

 

こちらが選手時代の橋本聖子さんの滑りです。

橋本聖子

今は政治家として活躍されていますが、若い世代は橋本聖子さんがスピードスケートをやっていたなんて全くイメージできないでしょうね。

スポーツを全力で頑張っている姿はとてもかっこいいです!

 

橋本聖子

正面から見た橋本聖子さんのスケート画像ですが、立派な太ももをしています。

遠近法は無しと考えて、頭と同じぐらいの大きさです。

一般の方では考えられないぐらいの大きさなのでしょう!

 

こちらは橋本聖子さんの選手時代の姿です。

橋本聖子

きれいな顔立ちをしています。

目がはっきりとした二重で大きいので、羨ましいと思う方もいるのではないでしょうか。

髪型は走りやすいように短くされています。

1980年代なので頭にバンダナを巻くのが流行っていたのかもしれません。

【画像】橋本聖子のメガネが特徴的だった!

橋本聖子さんの選手時代のメガネが特徴的だったので、その画像を確認していきましょう!

橋本聖子 橋本聖子

かなり特徴的なメガネをしていますよね!

現在の原宿や渋谷で、若い方もしていそうなメガネです。

1980年代の写真なので、橋本聖子さんが若い頃もこのようなメガネが流行っていたのかもしれませんね!

橋本聖子がオリンピックの会長になることについて世間の声

橋本聖子さんが会長になることについて、心配している方も多いようです。

そもそも、オリンピック自体を開催することについて疑問視する声もあります。

現在、コロナ騒動の状況は改善しつつあるとはいえ、オリンピック開催は5ヶ月後です。

それまでに本当にオリンピックを開催するのか、議論する必要があります。

森喜朗元会長の後任は誰が会長をやっても困難な状況は変わりません。

本当は橋本聖子さん自身、会長をやりたくないのかもしれません。

しかし橋本聖子さんが引き受けるとしたら、何か裏があるのではないのか、オリンピック後に今よりも偉い役職を約束されたとか考えてしまいますよね。

とはいえ、橋本聖子さんがオリンピック会長になったら頑張ってもらいたいと思います。

まとめ

今回は橋本聖子さんの選手時代だったころ、足(太もも)の筋肉についてまとめました。

橋本聖子さんの若い頃のメガネ姿も特徴的でした。

トップアスリートとして活躍された橋本聖子さんなら、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長になっても役割を果たしてくれるのではないかと期待しています。

パラリンピック組織委員会の会長は誰もやりたがらないと思いますが、アスリートとして政治家として様々な経験をしている橋本聖子さんなら、上手くまとめてくれると信じています。

橋本聖子
【キス画像】橋本聖子が高橋大輔にセクハラをしたとの声!オリンピックの会長になるのか?2月12日に女性に対して蔑視する発言をした東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長を辞任した森喜朗元会長。 後任の会長人事に難...
こんな記事もおすすめ